世代から世代へ循環の中でみんな何かを学んで育ってきた

今日のフィンランド2016.11.28
快晴・最低気温-15度/最高気温-3度・積雪15cm・日の出/9:53日没/14:20
昨晩は久々の快晴、月が出ていないので空を埋めつくすたくさんの星が見えて、いつもある当たり前の夜空なのに、しばらく見とれてしまった。南東の低い空にオリオン座を見つけた。七年前のちょうど今頃は、日本で北東の空に見えるこのオリオン座を見ていたことを思い出す。日本の反対側で暮らしていることを実感する。日本の誰かがこの星を見つめていたら、同じ星を反対側の者同士が一緒に見ているかもしれないと想像したら”We are not alone!”、温かい気持ちになる。天気予報では今夜から雪、明日は妻と除雪。今年は冬が早く、雪も多そうだ。

Ii Kuivaniemi ―ここで私たちは暮らす
Kuivaniemiは人口2000人足らず小さな村だ。北極圏まで100キロ余りのフィンランド北部に位置する。南部のヘルシンキと比べると気温は4~6度ほど低い。フィンランドはほぼ日本と同じ面積だが人口は約五百万人、日本の二十分の一、しかも地方の村だから人口密度は2人/㎢。
私たちの家は、お隣が50メートル先に一軒、次のお隣は1.5キロメートル先に一軒と、白樺や松などの森に囲まれている。2ヘクタールの敷地は冬の暖をとる薪をまかない、夏は一年中食べるベリー(15キロ以上)を収穫させてくれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我が家の庭でくつろぐトナカイ

しばしば、リスやウサギやキツネなどの森の動物とニアミス、数十頭のトナカイは「私たちの土地でもあるのよ」と言わんばかりに庭の芝生の草を食べに来て、しばらくくつろいでいく。そんな時は、私たちは彼らが去るまで外の用事を中断して、邪魔しないように静かに家のなから見ている。たくさんの鳥もやって来る。フィンランドは野鳥用のエサがどこでも売られていて、家々でエサを吊るしておく。我が家もペットのエサを与えるように、屋根付き餌場を備え付けてそこにエサを毎日補充する。日本から連れてきた犬が昨年死んでしまった時、妻が「鳥になって戻っておいで・・・」と亡骸に話しかけて埋葬したせいか、エサがなくなると窓辺にとまってエサがなくなったことを知らせる。
 フィンランドでは人々も動物たちも仲良しだ。村の中心への道は、やたらトナカイの群れと遭遇する。車が来たからといってあわわてて逃げ去るのではなく、しばらく見つめ合って、それからゆっくり道を横断して森の中に入っていく。その間車は止まって待っているのが当たり前の光景だ。スーパに着くと、見知らぬ人も目があえば”Hei!”とか”Terve!”(Hello!の意)と声を交わす。こうした環境が、気持ち良い子供たちを育てている。そして彼らが優しい大人になる。この雰囲気はフィンランドの原初の風景(環境)、私たちが探し続けた世界だ・・・〈この話はまた後日に続けることにする〉

2日後に妻の歯の治療日を控えた今日、歯科医師からメールが届いて、通訳を手配しので来月15日に治療は延期すると連絡があった。フィンランドでは誰もが母国語で診察・治療を受ける権利があり、この村では外人は私たちだけ、当然その恩恵を受けているのも私たちだけ、この地に住まわせてもらっているだけで十分すぎる幸せを感じているのに、ただただ恐縮する。
年金受給者協会Kuivaniemi Eläkeliittöの会長さんからもメールがあって、行事を知らせてきてくれた。「たぶん、私たちの方言交じりの早口のフィンランド語をほとんど理解できていないだろうに、参加してくれていることを嬉しく思っているというなことも書かれていた。寒い冬が始まっているのに、暖炉の暖かさに人の暖かさが加わって、とても心地よい。



世代から世代へ循環の中でみんな何かを学んで育ってきた
『文化』とは、
一つの物語を演じている人間の集まりだという。それは聞く必要もなければ、わざわざ口に出して子供たちに教える必要もない。いつでもどこでも背景に流れているハミングやBGMみたいなものだから、あえて注意を払わなくても自然に基本的なことは6~7歳のころまでは取得してしまう母国語のようなものだ。
フィンランドでは、子供たちは国の財産のように平等に扱われている。子供の6割は普通高校へ進学する(その半数程度が4年制大学へ、残りの半数は職業訓練を行うポリテクニックへ進学する)。3割の子供たちは職業訓練校に進学する。残り1割の子供たちは、今もしっかり残っている徒弟制度に吸収されて手に職をつける。こうした教育に対する費用は一切無料、また学生のための安いアパートや生活費などが毎月支給されているので、大ざっぱに言えば、親は子供を育て教育する費用の負担はほとんどない。
フィンランドの子供たちは自分の能力に応じて職業を選ぶのではなく、自分のしたい仕事のために技術を磨く風土である。また、職業による収入格差は累進課税の制度や低所得者に対する国の補助施策により、格差はことのほか少ない。だから、どんな職業であろうが、どんなところに、どのような家に暮らそうが、それは人それぞれの好みの違いとして、差別や上から目線というような風土(文化)はない、独立100年の若い国だが、世代から世代へと同じ地に暮らす仲間意識や皆で幸福な国を作ろという同胞意識は、世代から世代へと受け継がれ(=フィンランド文化)、あらゆる社会システムがすべての人に優しい平等な国となった・・・
今70歳過ぎの多くの人たちは――独立間もない国の上に第二次大戦の敗戦国として厳しい経済の時代は、スウェーデン出稼ぎに行かなければならなかったそうだ。彼らの世代が前述の年金受給者協会Kuivaniemi Eläkeliittöの主要なメンバーで、彼らの苦労は、彼らの奥の深い優しさと人間的に尊敬できる人格をつくった。それは、私たち外国人ですら『見守られている」という安心感を感じさせてくれる。彼らの子供世代の人たちもたくさん知っているがステキな人たちだ。そして子供たちも・・・と、文化や教育は世代から世代へと受け継がれる。
日本ではユースホステルを経営していたのでいろいろな世代を見てきた。総称して、日本の子供たちは可愛くない!(まれに子供らしい気持ちの良い子にも出会うが)。若い子たちは怖さを感じる。働き盛りの大人たちは社畜という言葉に象徴される雰囲気を・・・そして、私たち老年組は、金や地位の力を盾に現役にしがみついているか、面倒を見てもらうために子供に媚びているか、どちらにしても哀れな存在という印象を私は持ってしまう。私たちの国の文化は確実に世代から世代へと受け渡されている。こうした風土をすべての世代が容認してしまう・容認せざるを得ない文化であるとも思わざるを得ない。
最近大河ドラマの『真田丸』を見続けているが、真田幸村は魅力的な人物だが、命がけで尊敬できる人物とは言い難い秀吉や豊臣家に忠義を尽くし、300年の徳川時代を作った創始者の家康のような姑息な駆け引きの信頼できない人が支配者になる、近年では『お国のため』にすべてが従った風潮で、いつも犠牲になるのは一般庶民、ところが一致団結しなければならない犠牲者の一般庶民たちは『生きんが為に』抜け駆けと裏切り、これが母国語・日本語のように知らぬまに『国とはこんなもの、だからうまくやらなければ~』と意識のベースに刷り込まれてしまったことは、歴史も物語っている。
若い頃、『かもめのジョナサン』の作者リチャード・バックの『one』という本に、とてもひどい町があって、人々が出て行ってしまって廃墟の町になった。廃墟になった後にまた人々が戻ってきて今までとは違う新しい幸せな町を作った・・・という話があったような気がする。母国を本当に大切だと思うから、文化に染まりすぎて洗脳される前に、意欲が萎えてしまう前に、子供たちや若い人たちにはフィンランドのような別の世界を体験させてやりたいと思う。そして、それを応援できるのは現役を引退した私たちが世代が、悪循環を断ち、それぞれが小さな力でよいから未来のために供出することかもしれない・・・と思うのである。


国が荒れているウクライナのタレントが歌った”What a wondeful world”
♪木々は緑に、赤いバラは私やあなたのために花を咲かせ・・・空は青く、雪は白く、何と素晴らしい世界でしょう
♪空にはとてもきれいな虹がかかり、人々は通り過ぎながら、「はじめまして」と言ったり、友達が握手しているのも見かけます。
♪彼らは心から「愛している」と言い、私たちは赤ん坊の泣き声を聞いたり、成長していくのを見ています。
♪彼らは私たちよりもはるかに多くの学び、知っていくでしょう。そして私は心の中で思っています。「何と素晴らしい世界」、
♪そう、私は心の中で願っています。「何と素晴らしい世界」でしょう・・・
Kei

共感You’ll never walk alone!

※注意
『日本を良い国だと思っている人』、『日本という国に誇りを持っている人』は読まないでください。
人それぞれに視点や考え方あるので、その考え方を批判しあうことは、お互い気分が悪くなるだけのことですから。

プロローグ
「日本ってこんなにひどいんだよ!  公的教育費はデーターのある32か国中平均以下で6年連続の最下位の32位、開発途上国を含めると101位なんだって~ そのうえ奨学金制度は国家の体のいい金貸し商売、若者をローン地獄に突き落としブラックバイトやブラック企業に加担しているようなものなのよ・・・」
ホームページと自身のブログ「女たちのフィンランド」の作り替えでデーターを集めていた妻が、今にも泣きそうに涙をあふれさせて私に教えに来た。
(『editor』 http://editor.fem.jp/blog/?p=1347 『editor』 http://editor.fem.jp/blog/?p=535
『久米忠史の奨学金ブログ』http://www.shogakukin.jp/88blogg/date/2012/12/  を、ぜひ参照を)
今の私たち夫婦には学校に行っている子供や大学生はいない・・・6人の子供たちは日本で皆なんとか社会人として自立している。だから、他人事・対岸の火事ということでもあるのだが・・・日本の自分たちの子供の世代や孫の世代に自分のことのように涙を流して思いをはせる妻が誇らしく思えて、ブログを書くことから2年以上遠ざかっていたのだが、私も何か伝えなくては・・・とブログを復活させた。

そもそも私たち自身が、前述の日本の教育システムだけでなく、政治・経済などのあらゆる社会システムや国民性やその風土にホトホト失望して、「せめて人生の最終章は世界一幸せな国・フィンランドの美しい景色と幸せの匂いのする空気を吸いながら終わりたい。」「そして、私たちと共感する人たちや子供や孫の世代の『希望』の橋頭堡になれれば・・・」と、60歳を過ぎた=たぶん日本でいうところの『人並み』以下の部類の私たち夫婦は、何の縁故もないフィンランド移住に挑戦した。
EUは難民の受け入れには人道的立場から寛容だが、結婚や留学、転勤や特殊能力による招致でもない限り、「ただフィンランドが好きだから、高福祉の国だから暮らしたい」では在留許可はまず下りない。だから、私たちの在留許可取得は『奇跡』だったと思っている。といっても、最初の4年間は毎年『在留許可』を更新し続けなければならなかった。毎年申請書を提出して、しかもその決定に異議は申し立てないことをサインして、数か月後の通知を待つ。通知があって、新しい在留許可カードを受け取るまで成否はわからない。もし『否』となった場合、私たちには日本へ戻っても帰るの家はないから、この年齢で向こう見ずでたいへんな挑戦をしたものだとの思いが取得の時期にはいつもよぎる。そして、もう1年この国で暮らせるんだと受け入れてくれているフィンランドに感謝の念を新たにする。昨年の更新で4年間の在留許可が下りて、2019年の更新では『永住許可』を申請できるようになった。今はKelaカード(健康保険証)や選挙権も与えられ、高福祉国家の恩恵にあずかって、何か事あるごとに、フィンランドという国に感謝の念が湧いてくる。

フィンランドで暮らしてわかる私にとっての母国・日本
 フィンランドで暮らすようになって、『母国』とか『祖国』という言葉を意識するようになった。フィンランドの人たちはフィンランド国歌の題名のように『我等の地』を愛し大切にしている。
 日本には『他人の不幸は蜜の味』や『長い物には巻かれろ』、『勝てば官軍、負ければ朝敵(「目的のためには手段を択ばす、勝ちさえすれば評価される」)』など、生き延びるための処世術の諺がたくさんある。また、『愛』の反対語は『無視』であるという。ならば、母国・日本は処世術の諺が背景の『無視(大人から子供まで常態化する『いじめ』の究極・『無視』の反対語は『愛』)』と『憎しみ』の常態化した国だと、私たち夫婦は痛感している。それは、国家のリーダー総理大臣からホームレスまで、大人から子供までひとりひとりが、上位にいればその地位を維持するために、下位になればなるほどさらに引きずり落されないために、自分さえ良ければのエゴ(利己心)を余儀なくされる環境で、生き残るために巧妙な心理戦の戦いをしなければならないということだ。
ヒットラーの時代に、彼の進める政策に反対の心を持った少数の良識派はいただろうが、動物の群れが雪崩を打って一方向に疾走しているとき、一匹がそれに逆らうことは不可能なように、周囲の多数派が、その少数派を巻き込んで同じ方向(戦い)に走らせるいった雰囲気と似ていると、私たちは思っている。また、生活保護受給者や補助を受けている人たちに対して『税金泥棒』のように声高な差別発言が多く聞かれること、強者に同調してお先棒を担ぐ人たちの増大は、何と過酷で寒い国かと思わざるを得ない。
そうした認識の母国・日本に対して、フィンランドは『一人の百歩の前進より、百人の一歩の前進を国是とする』という言葉に象徴されるように、『国」としての目指す方向や考え方や国民性が、日本と真逆にあることを思い知らされている。そして、日本人であることに恥ずかしく、悲しくなる。
「あなたのことを友達って思ったことなど一度もない!」というセリフは、最近の日本のテレビドラマでよく聞くセリフだ。そして、町と違って田舎は閉鎖的で『よそ者』は溶け込めないとも言われるが、私たちはフィンランド北部の人口2000人足らずの小さな村で、昔からの住人のように暮らしている。ここには人生の中で最もたくさんの真の友達がいる。いつも見守っていてくれる姉のような人たち、無邪気の子供時代の幼友達のような人、人の良い近所のおばちゃん・おじちゃんのような人たち、そして、道ですれ違ったりスーパーで時折出会う子供たちは、ちょっとはにかんで挨拶してくれる。こんな雰囲気は日本で感じたことがなかった。こうした雰囲気は普遍主義がベースになっているからだ。それは『利他』(『利己』の反対語)の精神が育まれる土壌が社会の中にあるということだ。だから、『世界一幸せな国』と言われる。

共感
確かに『世界一幸せな国』で暮らしているという実感は日々あるのだが、時々どうしようもない『悲しみ』におそわれることがある。それは、『日本』に生まれた『日本人』であるという看板を心も身体も背負っていることだ。
言葉の不自由さを除けば、この国のほとんどの人たちは何の偏見も差別もなく同じ地に暮らす仲間として扱ってはくれるが、一緒にフィンランドを作ってきたフィンランド国民ではない私たちは、やはり日本人なのだ。日本のニュースがフィンランドや北欧を取り上げることは少ないが、日本人が想像している以上に日本のこと・中国のこと・韓国・北朝鮮のことはよくニュースで取り上げられている。日本を含め東アジアのニュースは誇れることが少ない。祖国・母国を大切にしている、そして客観的にみても誇りにできるフィンランドの国民性の中では、私たちは異邦人であり母国や地域(東アジア)を恥じ入る少数派なのだ。(特に北欧諸国は仲が良く、国と国の思いやりには感動の涙がこぼれてしまうほどだ。)

ちょっと一息
以下の音楽”You’ll never walk alone!”を少数の良識派に贈ります。最初に見て以来、この動画は歌詞の意味もわからないのに、なぜか涙が溢れてくる。
画像の中で、青いアイシャドウ―と青いマニキュアのおばちゃん、髪の毛の少なくなった初老のメガネの人、黒縁メガネの中年の男性などなど、彼らの涙は、Andre Rieuの音楽を通して、「大変な人生をごくろうさんでしたね。でも、もう一人で歩かなくてもいいんですよ。あなたの人生に共感する私たちがいますよ。」と、きっと私と同様に『魂の友』からのメッセージが聞こえているのかもしれませんね。

前述のヒットラーの時代にこれは狂気の沙汰だと知っていても逃げ出すこともできず大衆に流されざるを得なかった少数の良識派のような人たち=『生きるためには仕方ない=お金のためには仕方ない』の我慢と『こんなために生まれてきたわけじゃない! これは人間のすることじゃない』と自分で自分を好きでいられる人生を作りたいという欲求の狭間の中でもがいている少数の良識派の人たちに書いています。
それぞれに起こる出来事や状況、苦悩や忍耐のすべて自分自身が受け止めて、ひとりで人生が終わる時まで歩くしかないのが人生の物語=運命のシナリオだと、私は思っています。
しかし、ポナペでは『魂の約束の友』という存在が誰にもいるという言い伝えがあります。(これは私が実際に体験したことです。いつか機会があれば書きます。)人は生まれる前に出合うことを約束した『魂の友達』が誰にもいて、それぞれの人生の目的をやり遂げられるように重大なメッセージや人生の岐路のサインを手渡す役目を担っている『魂の友』のことです。私の場合彼の存在を実感したときから、どん底の人生の期間の最後の最後に人生を捨てさせなかったのは、『約束の友』がいるという根拠のない実感だったのかもしれません。
どん底の苦難の時期が過ぎて、また人生が流れ始めたときには、彼のことは思い出すこともなくなりましたが、最近この動画が出会ってあの『魂の約束の友』のことを思い出しました。そして、周りを見回したら、私たち夫婦は前世の友や兄弟に囲まれて暮らしていることに気づきました。
母国・日本は百年たっても、千年たっても、フィンランドのような『利他の国』・『幸せな国』になることは決してないと、私は確信しています。しかし、このような日本の国は、日本人として生まれた私たちの人生ドラマにきっと必要な舞台(国)なのだと、思うようになりました。最終章まできてわかった私の人生ドラマのドラマチックな物語は、日本に生まれたから味わえたのであり、この人生ドラマに納得しもしているですから、必要な舞台設定だったのでしょうね。
だから、日本の少数の良識派の人たち=共感し合えるドラマチックな人生を歩んでいる人に伝えたいのです。
「日本の暮らしにお疲れ様。あなたの人生を察します。そして、あなたの人生ドラマに敬意を表します。
自分で自分を誇らしく思えるような生き方選んで大丈夫ですよ。勇気を出して、思ったように進んで大丈夫ですよ。
フィンランドにそうした生き方に共感している人がいますよ。私たちは一足先に辿り着きました。
あなたは一人じゃないですよ。(You’never walk alone!bsdf )」と。

今朝はこの冬5回目の除雪に汗を流しました。今日はマイナス5度ですが、明日の最低気温はマイナス18度とのこと。今年は酷寒の冬が早く来そうですが、暖炉の薪のオレンジ色の炎と温かさは過酷な気候の地で暮らしていることを忘れさせてくれます。『暖かさ』は『幸せ』と同義語だと思います。
では、また・・・