クリスマスシーズン・フィンランドは寒いが暖かい

今日の我が家

2016.12.9 晴れ/最低気温-11度・最高気温/-6度/日の出1023分・日没1356分/積雪25cm
今年は例年に比べて雪も多く寒さも厳しい感じがする。
一昨日は日中でもマイナス25度まで下がった。今日は暖かくなってマイナス10度、毎朝薪小屋から暖炉の薪を運ぶのが私の日課なのだが、マイナス10度を境に手袋なしでは手が痛い。デジタルカメラは十分充電されているのに「充電されていない」と表示が出てすぐに使えなくなるほどだ。
写真は9時過ぎの撮影なのだが、日の出が10時半ごろだから夜明け前、太陽が出ていない朝夕の時間帯はこのように青色の写真になる。そしてオレンジ色の灯やロウソクはなんとも暖かい感じがする。だからか、民家は蛍光灯よりオレンジ色の電球が多く使われている。

フィンランドで暮らすようになって、わかったことがある。
それは『暖かい』ということがとても『幸せ』ということだ。
今年は9月下旬から暖炉を焚き始めた。マイナス10度ぐらいの気温の日なら夕食時から4時間くらい焚くとレンガに熱が保温されて、翌日の夕食の頃まで室温が20度以上に保たれる。真冬はいつもマイナス15度くらい、ときにはマイナス30度以下になることもある。マイナス15度以下の日が続くと昼食時前後に2時間ほど焚く。
薪の燃えるオレンジ色の炎と暖かさは、エアコンやヒーターとはちがう暖かさを感じさせてくれる。田舎では雪のない時期の薪づくりは生活の一部であり男の仕事、この薪が酷寒の冬を快適にしてくれる。そして、「あったかいねぇ」と言う妻の言葉は、夫として誇らしくなる。食べ物は質素であろうが贅沢であろうが食べさえすればお腹はいっぱいになるが、暖かさは快適な温度になるまでの熱=エネルギーが必要で、『暖かさ』の源の炎は何ものにも代えられないものだ。
寒さが本格的になる12月は、みんな楽しそうな気分が国中にあふれるクリスマス、日本にいる頃はわざわざクリスマスソングを聞くことはなかったが、こちらへ来てからは今のシーズンの私のBGMはもっぱらクリスマスソング、暖かくて、優しい気持ちになれる、としても幸せなことだ。

もうひとつフィンランドでわかったことがある。
それは『人の暖かさ』がなんとも気持ち良く、幸せな気持ちにしてくれることだ。
日本では故郷と言っても、ただ母と叔母が暮らす自分が生まれた地以上の感慨を持ったことはない。友達や知り合いはたくさんいるのだが、事業に失敗して地元を離れなければない状況に追い込まれた私にとっては、傷に塩を刷り込むような冷たい場所、蔑まれる地に過ぎないという印象である。
ところが、ここは人生をかけて探し回ってやっとたどり着いた『故郷』のようなのだ。リレーのように小さなキッカケが人との出会いをつくり、それがまた次の人にバトンタッチされてと、そうしてこんな小さな村だからか、私たちはやっと生まれ故郷に戻れた者のように皆に知られ見守られている。
私たちには、村の道を走っていると必ず手を挙げてあいさつしてくれる人たちや子供たちがいるがいる(私たちは彼らのことを知らないのだが)。村のスーパーでは“Hei!”とか”Terve!”と会う人全員が声をかけてくれる。時には天気の話や世間話を私たちが理解できているかどうかにかかわらず、話をしてくれる(彼らのことも私たちは知らない人なのだが)。時々、きっと前世では幼友達だったのではと感じてしまう友達がいる。ほとんどが久しぶりに会うので手を握り合って「Mitä kuuluu?(元気だったか?)」と話が始まる(半分ぐらいしかわからないが、残りはテレパシーで理解する)。
また、彼女たちこそが前世では私たちの姉たちだったと確信する4人の女性がいる。彼女らの夫さんたちは妻の弟夫婦のように私たち見守っている。久しぶりに会うと彼女たちは必ずハグしてくれる。生まれて初めてフィンランドへ来て体験するハグは、今でもテレてしまうのだが。とても暖かくて大きくて、そして幸せな気持ちになる。
私たちの参加している年金受給者協会Kuivaniemi Eläkeliittoは、1年生から6年生までが集まった同窓会のようなもの。私は67歳、妻は64歳なのだが60代は1割ぐらいでほとんどが70歳以上、最高齢は93歳ぐらい。私たちが困っていると、そばにいる誰かがサッと手を差し伸べてくれる人たちがたくさんいる、まさに故郷の同窓会。
昨日はその Eläkeliittoでクリスマス会があった。今年最後の会合ということもあって70人くらいが出席、牛乳で焚いたおかゆのようなスープとコーヒーとお菓子で談笑。そして地元の教会の神父さんの先導で皆でクリスマスソングを歌う。クリスマスが大好きのフィンランド人、みんなウキウキと楽しく、優しい人々に囲まれた暖かさ、姉たちにハグしてもらい、まだまだフィンランド語には不自由な私たちだが、とても暖かい至福の時間を過ごした。

フィンランドの夏はさわやかで気持ち良いが短い。9月下旬頃から翌年5月初旬までは暖炉の厄介になる。真冬はマイナス15度から20度くらい、何度もマイナス30度近くの温度になる厳しい気候の地だ。そして暖かさの源の薪は森から倒木を背負って運び出して斧で割る重労働なのだが、フィンランドの暮らしを辛いと思ったことは一度もない。何でもない風に踊る白樺の葉の音や空の青さの美しさに、「ここは天国のようだ」と思い、フィンランドの人たちと会った帰り道の妻との会話はいつも「みんなにあんなに暖かくしてもらって、私たちは幸せ者だね・・・」と実感する。
日本では静岡県生まれ、最後の地が徳島と温かい気候のところしか知らない私たちだが、日本は寒い国だと思う。日本ではいろいろな町に住んだが、ここのような人の暖かさを感じたことは一度もなかった。また、正論をいう私たちは煙たがれたり、いい年をしているのに大人になれない青い奴と親は思い、友達には陰口を言われていたと思う。
しかし、ここでは私たちは受け入れられている。私たちは大勢の人たちにやさしさに見守られている。姉のようなアンニさん、メエリさん、セイヤさん、テルットさんたちからは「お帰り、よく帰って来たね。長い旅だったから母国語のフィンランド語を忘れちゃって、だから私たちが見ててやらないとね・・・」という心の波動をいつも感じている。ここは私たちが探し続けた故郷であり、天国だ。

もしあなたが、日本で辛い思いをしていたら、そこは母国でもなく、故郷でもないかもしれませんね。
私たちの魂は輪廻転生の旅を繰り返していろいろな所に生まれ、いろいろな体験をして、何が自分の求めるているものか、何が幸せなことかを思い知ろうとしているのかもしれません。
今生の人生の旅の目的地は私たちのように別のところにあるかもしれません。本当の自分の心がささやく小さな声に耳を傾け始めると、人生は今までに想像もできなかったステキな目的地に導いてくれますよ。それがフィンランドだったら、私たちはきっと会えますね。そのとき私は、あなたを弟と感じるのでしょうか、息子や娘と感じるのでしょうか・・・
フィンランドに来てから、未来に何が起こるかわからなくても、楽しみに待つことができるようになりました。心が平和で未来を安心できる場所は故郷なのですね。
良いクリスマスを、世界に安らぎを。Kei